【便利】ケーキサイズ早見表〜ケーキの大きさ(号数)と食べる目安人数まとめ〜ロールケーキも!【クリスマス・誕生日ケーキ】

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

誕生日やクリスマスにホールのケーキを買う時に、サイズが4号・5号などの号数でかかれていていったい何号のケーキを頼んでいいかわからないことってありませんか?

実はケーキの号数は簡単に「号数×〇㎝」で計算することが出来るんですよ!今回はホールケーキの号数の大きさと、何人くらいで食べるものかの目安についてご紹介します。パッと見てすぐわかる早見表付き!

スポンサーリンク

ケーキサイズの単位でつかわれる「号数」ってなに?

ホールケーキ

ケーキの大きさは、一般的に「〜号」という単位で表示されています。普段の生活では使用しない単位だと思いますが、これは丸いケーキの大きさ(直径)をあらわしたもの。

もともとは日本で古くから使われている長さを測る単位「尺貫法」に由来していて、1号=直径1寸(約3センチ)を表しています。

実は簡単!ケーキの大きさ(直径)は号数に『3』をかけた数字

1号の直径が約3センチ(1寸)ということですから、ケーキの大きさ(直径)を知ることは実はとっても簡単なんです!

ケーキの号数に『3』をかけて出てきた数字が、そのケーキの大きさ(直径)になります。計算式にすると

号数×3(㎝)=ケーキの大きさ(直径・㎝)

4号サイズのケーキならば「4(号)×3=12㎝」、6号ならば「6(号)×3=18㎝」ということですね。これで号数だけでもどれくらいの大きさのケーキなのかすぐわかりますね!

※この計算で出しているケーキの大きさは、ケーキを焼くときの型のサイズになるので、たとえばデコレーションケーキの場合は生クリームなどの装飾のため、計算された直径よりも大きくなります。ケーキの種類によって変わるのでご注意ください

ケーキの号数(大きさ)と食べる人数の目安

カットケーキ

さて、ケーキの大きさ(直径)がわかっても、そのケーキはいったい何人くらいで食べる量なのかがわかりづらいですよね。

普通のケーキ屋さんで販売している一般的なショートケーキは6号サイズ(直径18㎝)を8等分または10等分したもの。ということは、6号サイズは8〜10人くらいで食べるのが適当ということがわかります。

1切れあたりの量がだいたい同じくらいになるようにカットすると、ケーキの号数と食べる人数の目安はこのようになります。

ケーキの号数(大きさ)と食べる目安人数 早見表

号数 ケーキの直径 人数
4号 12㎝ 2〜4人
5号 15㎝ 4〜6人
6号 18㎝ 6〜8人
7号 21㎝ 8〜10人
8号 24㎝ 10〜12人

いかがですか?

「5号」と聞くとなんとなく小さいイメージがありますが、カップルや3人家族ならば4号で十分、小さいお子さんのいる4人家族で一度に食べきりたい場合は4号を検討してみても。

ただし、この人数の目安はあくまで“目安”です

たっぷりのクリームとフルーツがデコレーションされたケーキはボリュームが多く、シンプルなものやタルトなど高さがないケーキはボリュームが少なく感じると思います。

タルトチーズケーキフルーツシャルロットケーキ

また、甘いものが好きな人(特に女性)が多い場合はたくさん食べたり、小さいお子さんや甘い物が苦手な人、ボリュームのある食事のあとなどは食べるケーキの量も少なくなります。

なので、「ケーキの種類(ボリューム感)」・「食べる人」・「食べるシチュエーション」を考えて注文すると、よりピッタリのケーキサイズを選ぶことができますよ!

飾り付けがシンプルなケーキの場合やケーキが好きな人がいる場合は一回り大きいサイズを、食後などに食べきれる量で控えめにしたい場合は一回り小さいサイズを・・・など、目安を参考にして調整してみてください。

☆ロールケーキの場合の目安

ロールケーキ

ロールケーキは号数では表現されず、長さ(㎝)でサイズが書かれています。

これもまた食べる人の好みやケーキのデコレーション具合によりますが、一般的に販売されているロールケーキは1カット3〜4㎝のものが多いので、一人あたり3〜4㎝を目安にして検討してみてください。

 

まとめ

■デコレーションケーキのサイズは昔の尺貫法で「1号=直径3センチ(1寸)」

■号数に『3』をかけて出てきた数字が、そのケーキの大きさ(直径)→号数×3(㎝)=ケーキの大きさ(直径・㎝)

■2〜4人なら4号、4〜6人なら5号を目安に、「ケーキの種類(ボリューム感)」・「食べる人」・「食べるシチュエーション」を考えて、ひとまわり大きいサイズにしたり小さいサイズにしたり調整を。

LINEで送る
Pocket